1. G1サミット ホーム
  2. G1ベンチャー
News | ニュース
 
G1ベンチャー 開催の目的 (コンセプト)

「G1ベンチャー」は、起業家を中心に、ベンチャー経営に関わる学者・政治家・官僚・メディア等の 第一線で活躍するリーダーたちが集い、イノベーションを生み出し、強いベンチャー企業を育む生態系の構築を目指す。

  • ベンチャー企業ならではの経営課題にフォーカスし、先達に学び、相互の知恵を共有する。
  • 政官学・大企業を巻き込んだG1らしい生態系の創出を目指す。
  • 経営者を中心に、領域・世代を超えたネットワークを構築する。
  • ベンチャー企業の場合には、原則としてCEOのみの参加とする。
 
G1ベンチャー 2016
1日目
09:00-09:15
[オープニング]
09:15-10:00
[第1部 全体会]
テクノロジーが生み出すTSUTAYAのイノベーション

ビッグデータという言葉が使われていない30年前から、TSUTAYA店舗を通じてデータベースマーケティングに取り組んできたカルチュア・コンビニエンス・クラブ。Tカードのアクティブ・ユーザーはいまや5700万人を超え、 日本人の3人に1人が所有する。誰もが気づかなかった価値を形にして、常に新たな時代を提案してきたCCC。その裏側にどのようなデータがあり、テクノロジーがあるのか。増田宗昭氏による基調講演。

スピーカー
増田 宗昭
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
代表取締役社長兼CEO
モデレーター
堀 義人
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
10:00-11:00
[第2部 全体会]
AI、動画、グローバルなC2C
~起業家たちが拓くどでかいフロンティア~

いつの時代も、挑戦者たちが新たなどでかいフロンティアを切り拓く。機械学習・深層学習の技術力を優位に、トヨタ・ファナックから計19億円を調達し、人工知能・IOTの領域で注目を集めるPreferred Infrastructure。創業から20年足らずで売上3000億円を見込み、2016年を「動画元年」として勝負に挑むサイバーエージェント。アプリダウンロード数は日米で3200万を超え、新たに総額84億円を調達し、フリマ市場で世界No1を目指すメルカリ。彼らはどうやって新たなどでかいフロンティアを拓くのか。3社のトップに孫泰蔵氏が斬り込む。

パネリスト
西川 徹
Preferred Networks
代表取締役社長 最高経営責任者
藤田 晋
株式会社サイバーエージェント 代表取締役社長
山田 進太郎
株式会社メルカリ 代表取締役社長
モデレーター
孫 泰蔵
Mistletoe株式会社 代表取締役社長兼CEO
11:15-12:15
[第3部 分科会]
シリコンバレー、イスラエル、北欧にみるスタートアップの世界潮流とは

シリコンバレー、イスラエル、北欧。世界的なベンチャー企業の集積地では、いま何が起きているのか。シリコンバレーで活躍する宮田拓弥氏、イスラエルに活動の拠点を移した榊原健太郎氏、スタートアップの祭典「Slush Asia」を主宰するAntti Sonninen氏を招き、世界のスタートアップの潮流と生態系をつくる方法論を議論する。

パネリスト
榊原 健太郎
株式会社サムライインキュベート 代表取締役
Antti Sonninen
Slush Asia Co-founder & CEO
宮田 拓弥
Scrum Ventures 創業者/ゼネラルパートナー
モデレーター
牧野 正幸
株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者
シェアリングエコノミーが変革する未来

破壊者か、それとも創造主か――UBERは世界を席巻し、各国の既存業界は警戒を強める。2025年にはシェアリングエコノミーの市場規模は10兆円に上るとされ、日本政府は成長戦略の一環として規制緩和に取り組んでいる。「所有」から「共有」へ。所有から共有へと消費のあり方を変える新たなビジネスモデルは、雇用や生活、産業をどのように変容させるのか。シェアリングエコノミーが変革する未来をキーパーソンたちが議論する。

パネリスト
金谷 元気
akippa株式会社 代表取締役社長
重松 大輔
株式会社スペースマーケット 代表取締役 / CEO
高橋 正巳
Uber Japan株式会社 執行役員社長
モデレーター
原田 明典
株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 戦略投資推進室長 兼
モバイルサービスインキュベーション事業部長
コントリ
ビューター
髙島 宗一郎
福岡市長
テクノロジーが変革する教育
~インターネットが拓く新たな可能性~

いまや大学受験生の2人に1人が利用するリクルートの「スタディサプリ」。8000人以上の中高校生に対して「ITキャンプ」を提供するライフイズテック。対話型アニメーションeラーニングを国内外で提供するすららネット。インターネットの進化によって、新たな形のアダプティブ・ラーニングが生まれようとしている。テクノロジーは教育にどのようなフロンティアを拓くのか。Ed-Tech(教育テクノロジー)ベンチャーの旗手たちが議論する。

パネリスト
水野 雄介
ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO
山口 文洋
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長
湯野川 孝彦
株式会社すららネット 代表取締役社長
モデレーター
渡辺 雅之
Quipper, ltd. CEO
テクノロジーX不動産
~テクノロジーが生み出す新たな不動産ビジネスとは~

莫大な市場規模を持ちながら、今もなお不透明性が残る不動産業界。情報の非対称性や硬直した仲介手数料――インターネットを利用して旧弊を打破し、新たな市場を切り拓く有望なベンチャーが登場している。テクノロジーの進化は不動産業界をどのように変革するのか。日本最大級の不動産・住宅情報サイトHOME'Sを生み出したネクスト井上氏、リノベーション情報のプラットフォーム構築に挑戦するリノべる山下氏、手数料完全無料の不動産仲介サービス「nomad」を運営するイタンジ伊藤氏。不動産ベンチャーの旗手たちが語る不動産業界のフロンティア。

パネリスト
伊藤 嘉盛
イタンジ株式会社 代表取締役CEO
井上 高志
株式会社ネクスト 代表取締役社長
山下 智弘
リノベる株式会社 代表取締役
モデレーター
今野 穣
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
ジェネラルパートナー 最高執行責任者(COO)
宇宙というベンチャーフロンティア

日本の宇宙ベンチャーによる資金調達が相次いだ2015年。かつて国家・大企業主導で進められてきた宇宙開発プロジェクトは、地球観測や衛星インターネット、資源探査といった産業ニーズの高まり、開発コストの低下によって、ベンチャー企業が覇を競う舞台となりつつある。宇宙ビジネスの市場が拡大する中、ベンチャー企業によるイノベーションを実現し、まだ見ぬフロンティアを拓くために何が必要か。日本初の月面無人探査を目指すHAKUTO、超小型衛星事業を行うアクセルスペース、スペースデブリ除去事業を目指すアストロスケール。3社のトップと宇宙飛行士の山崎直子氏、日本初の宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE」を主宰する石田真康氏が議論する。

スピーカー
岡田 光信
アストロスケール 代表取締役
中村 友哉
アクセルスペース 代表取締役
袴田 武史
株式会社ispace 代表取締役
山崎 直子
宇宙飛行士
モデレーター
石田 真康
A.T. カーニー株式会社 プリンシパル
12:15-13:15
[ランチ]
挑戦者として限界に挑む
~大峯千日回峰行満行を経て見えたものとは~

1300年の歴史の中で、ただ二人目となる大峯千日回峰行と四無行を満行した慈眼寺・塩沼亮潤大阿闍梨。 往復48キロの山道を毎日16時間かけて歩き、断食・断水・不眠・不臥を9日間続ける。
想像を絶する限界になぜ挑んだのか。挑戦の果てに見えた世界とは。

パネリスト
塩沼 亮潤
慈眼寺 住職
プレゼンター
吉田 雄人
横須賀市長
13:30-14:30
[第4部 分科会]
ドローンが生み出す新たなビジネス

2015年12月、千葉市が国家戦略特区に指定された。Amazonと組み、2020年までにドローンを使った世界初の宅配サービス実用化を目指す。輸送・農業・広告・エンターテインメントーー多様な商業利用の可能性を持つドローンは、新産業創出の救世主となるか。2020年には1000億円超の市場規模と予測されるドローンビジネスの普及に向けて、政府・自治体・ベンチャーのキーパーソンたちが議論する。

パネリスト
熊谷 俊人
千葉市長
鯉渕 美穂
MIKAWAYA21株式会社 代表取締役社長
間下 直晃
株式会社ブイキューブ 代表取締役社長
モデレーター
小澤 隆生
ヤフー株式会社 執行役員 ショッピングカンパニー長
IoTが開く新たなフロンティア
~その可能性と脅威~

あらゆるモノがネットにつながり、ビッグデータとして集積される時代となった。タクシーがネットでつながり、衣服や自転車などあらゆるもののデータが蓄積され、スマホによってコントロールされる。一方、IoTを"Internet of Threat"と呼んだのが、カスペルスキーだ。IoTが開く新たなフロンティア――その可能性と脅威について、DMM.make AKIBA仕掛け人の小笠原氏、タクシーの情報化を進める日本交通 川鍋会長、そして日本のサイバーセキュリティの第一人者である齋藤ウィリアム氏が語る。

パネリスト
小笠原 治
株式会社nomad 代表取締役
川鍋 一朗
日本交通株式会社 代表取締役会長
齋藤 ウィリアム
浩幸
Intecur, K.K. 創業者 兼 最高経営責任者
モデレーター
程 近智
アクセンチュア株式会社 取締役会長
Fintechというディスラプション
~金融ビジネスの新たなフロンティア~

ビットコインをはじめとする仮想通貨の出現、ブロックチェーンによる送金・決済の簡素化、クラウドファンディングやP2Pレンディングの普及、ビッグデータによる与信プロセスの迅速化、ロボアドバイザーによる運用の発達ーーフィンテックは、銀行業務をアンバンドルし、金融ビジネスを根底から変えつつある。各国の競争が激化する中、日本においても、規制緩和と法整備が急務となっている。テクノロジーは金融ビジネスをどのように変えるのか。金融庁参事官とFintechベンチャーのトップたちが議論する。

パネリスト
朝山 貴生
テックビューロ株式会社 代表取締役
佐藤 航陽
株式会社メタップス 代表取締役CEO
辻 庸介
株式会社マネーフォワード 代表取締役社長 CEO
油布 志行
金融庁 総務企画局 参事官(総合政策等担当)
モデレーター
高野 真
フォーブス ジャパン CEO 兼 編集長
iPS細胞の実用化に向けて
~再生医療というフロンティア~

2006年のiPS細胞確立から10年。再生医療の実用化に向けた臨床研究が進み、企業参入が相次いでいる。再生医療新法によって、実用化に向けたスピードが圧倒的に早まった。再生医療という領域にどのようなフロンティアが広がっているのか。再生医療のキーパーソンたちが議論する。

パネリスト
岡野 栄之
慶應義塾大学 医学部 医学部長
鍵本 忠尚
株式会社ヘリオス 代表取締役社長
髙橋 政代
公益社団法人NEXT VISION 理事
馬場 稔正
MRT株式会社 代表取締役社長
モデレーター
窪田 良
慶應義塾大学 医学部 客員教授
アキュセラ・インク 会長、社長兼CEO
テクノロジーが変えるエンターテインメント
~ビットとアトムの間に生まれるカルチャー~

プロジェクションマッピングや3D、ソーシャルメディア――テクノロジーの進化は、エンターテインメントシーンをも変えていく。拡張し変容するリアルの中、どのようなカルチャーが生まれるのか。Perfumeのパフォーマンスをはじめメディア・テクノロジーの粋を駆使した演出を手がけるライゾマティクス、きゃりーぱみゅぱみゅなどのアーティストを抱え“HARAJUKU CULTURE”を世界に発信するアソビシステム、世界にひとつだけのウェディングを提案するCRAZY WEDDING。3社のトップが語るエンターテインメントの未来。

パネリスト
中川 悠介
アソビシステム株式会社 代表取締役
齋藤 精一
株式会社ライゾマティクス 代表取締役
山川 咲
株式会社CRAZY WEDDING 創業者/起業家
モデレーター
楠本 修二郎
カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長
14:45-15:45
[第5部 分科会]
自動運転技術とインターネットの融合がつくる未来

DeNAとZMPが合弁で設立したロボットタクシーは自動運転の実証実験を進め、日産自動車は高速道路での自動運転機能搭載車を年内に発売することを発表した。政府は2020年東京五輪での無人運転車によるサービス実現を目指す。自動運転の実現は、20世紀初頭から続いてきた自動車社会を根底から変えていく。インターネットと融合し、ソフトウェア化する自動車の出現によって、生活や産業はどのように変わるのか。キーパーソンたちが議論する。

パネリスト
谷口 恒
株式会社ZMP 代表取締役社長
土井 三浩
日産自動車総合研究所 所長
藤原 豊
内閣府 地方創生推進室 次長
モデレーター
守安 功
株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO
バーチャルリアリティは新たなプラットフォームとなるか

オキュラスに20億ドルを投資したマーク・ザッカーバーグは「スマートフォンの次にプラットフォームになるのはバーチャルリアリティ(VR)」と語る。GoogleやMicrosoftをはじめとするテックカンパニーが次々と参入し、2020年には市場規模15兆円にもなると予測される。VRは新たなプラットフォームとなるのか。世界最大級のVR専門ファンド「Colopl VR Fund」を立ち上げたコロプラ馬場氏、スマホVRハコスコを展開する藤井氏、Facebook Lagerling氏。キーパーソンたちが語るVRがもたらす未来。

パネリスト
馬場 功淳
株式会社コロプラ 代表取締役社長
藤井 直敬
株式会社ハコスコ 代表取締役
John Lagerling
VP BusinessDevelopment, Mobile and Product Partnerships, Facebook Inc.
モデレーター
高宮 慎一
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
パートナー/ Chief Strategy Officer
「ほぼ日刊イトイ新聞」に見るメディアの可能性

1日150万pvのアクセスを集める人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」は、実は日本で有数の高収益メディアでもある。購読料金をとることもなければ広告掲載もせず、ニュースを追いかけることもしない。場をつくり、人が集い、ほしいものをこしらえ、コミュニティが生まれる。新聞や雑誌をはじめ、多くのメディアがビジネスモデルを模索する中で、なぜ「ほぼ日」は多くの読者から圧倒的な支持を受け、ビジネスとして自走できるのか。インターネットがすべてを変容していく時代、新たなメディアの可能性を糸井重里氏と篠田真貴子氏に聞く。

スピーカー
糸井 重里
株式会社東京糸井重里事務所 代表取締役
ほぼ日刊イトイ新聞 主宰
篠田 真貴子
株式会社東京糸井重里事務所 取締役CFO
東京大学はなぜベンチャー企業を輩出するのか?
~大学発ベンチャー創出のエコシステム~

大学発ベンチャー約1800社のうち、東京大学発のベンチャー企業は196社、2位の京都大学を大きく引き離して1位となった。ユーグレナやペプチドリーム、ジーンクエスト、popInやSCHAFT――東大発のベンチャー企業はいまや世界を席巻しつつある。なぜ東京大学はベンチャー企業を輩出できるのか。魔の川(研究開発)・死の谷(技術の事業化)・ダーウィンの海(企業競争)を超えて、技術や知的財産の産業化を成功させるために必要なこととは何か。ベンチャー企業輩出のエコシステムを生み出すために、大学や企業、政府が果たすべき役割を、東京大学の事例から考える。

パネリスト
出雲 充
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長
各務 茂夫
東京大学 教授 産学連携本部 イノベーション推進部長
郷治 友孝
株式会社東京大学 エッジキャピタル 代表取締役社長
モデレーター
仮屋薗 聡一
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
マネージング・パートナー
コントリ
ビューター
鈴木 寛
東京大学・公共政策大学院 教授
慶應義塾大学 政策メディア研究科 教授
文部科学大臣補佐官
競争優位性としてのデザイン
~テクノロジーが変えるクリエイティビティ~

テクノロジーが進化し、コミュニケーション密度が増すにつれて、デザインは商品の一部だった時代から、経営の中核をなす競争優位の源泉へと変遷した。コモディティ化する製品やサービスを差別化するデザインはどのように生み出されるのか。テクノロジーはクリエイティビティをどのように変容するのか。デザインとエンジニアリングの融合が拓く新たな世界を議論する。

パネリスト
スプツニ子!
マサチューセッツ工科大学(MIT) メディアラボ 助教
田川 欣哉
takram design engineering代表
森川 亮
C Channel株式会社 代表取締役社長
LINE株式会社 顧問
モデレーター
梅澤 高明
A.T.カーニー株式会社 日本法人会長
16:00-16:45
[第6部 全体会]
G1メディアアワード授賞式

テクノロジーがすべての業界をディスラプトしていく中、メディアもまた100年に一度の大変化に直面している。新たなメディアの形を創造し、コンテンツを広く世界に発信するメディアを支援しようと2014年に発足した「G1メディアアワード」。第3回となる授賞式。

パネリスト
浅井 茉莉子
株式会社文藝春秋 「文學界」編集部
梅田 優祐
株式会社ユーザベース 代表取締役 共同経営者
佐々木 芽生
映画監督/プロデューサー
モデレーター
瀬尾 傑
株式会社講談社 第一事業戦略部長兼『現代ビジネス』GM
16:45-17:40
[第7部 全体会]
リーダーという生き方

初代チェアマンとして「Jリーグ」を立上げ、日本サッカーをワールドカップ常連国に成長させた立役者である川淵三郎氏。その成功に安住することなく、昨今はバスケットボールの「Bリーグ」の立ち上げに奔走することとなった。川淵氏の歴史は、挑戦と闘争の軌跡であった。JリーグとBリーグ立ち上げにみる指導者としての哲学・戦略とはどのようなものだったのか。組織を率いて人を采配し、勝負に挑む。川淵氏が語るリーダーとしての極意と覚悟。

スピーカー
川淵 三郎
公立大学法人首都大学東京 理事長
公益財団法人 日本サッカー協会 最高顧問
公益財団法人 日本バスケットボール協会 会長
モデレーター
堀 義人
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
17:40-18:00
[クロージング・セッション]
18:30-20:30
[懇親会]

(プログラムは予告なく変更される場合がございます)

日時 2016年04月28日(木)
会場 日本科学未来館
参加費
人数 250名程度
主催 一般社団法人G1
 
協賛企業
2016
Gold Sponsor
新日本有限責任監査法人
住友不動産株式会社
株式会社リクルートホールディングス
Silver Sponsor
株式会社サンブリッジコーポレーション
Blonze Sponsor
株式会社アイレップ
株式会社こうゆう 花まる学習会
セガサミーグループ
株式会社DMM.com
株式会社D2C
株式会社電通デジタル・ホールディングス
株式会社ネオキャリア
株式会社ポジティブドリームパーソンズ
株式会社メディアドゥ
株式会社ユーザベース
レバレジーズ株式会社
個人協賛
井田 純一郎 様
小嶋 隆 様
児玉 昇司 様
寺田 航平 様
林 高浩 様
松原 秀樹 様
森 晋吾 様
安渕 聖司 様
山口 真吾 様
協力
株式会社伊藤園
特別協力
日本科学未来館
 
アドバイザリー・ボード
出雲充 
株式会社ユーグレナ 代表取締役
岩瀬大輔 
ライフネット生命保険株式会社
代表取締役社長 兼 COO
梅澤高明 
A.T.カーニー株式会社 日本法人会長
岡島悦子 
株式会社プロノバ 代表取締役社長
小澤隆生 
ヤフー株式会社 執行役員
ショッピングカンパニー長
楠本修二郎 
カフェ・カンパニー株式会社 代表取締役社長
窪田良 
慶應義塾大学医学部客員教授 Acucela Inc. 会長 社長 兼 CEO
熊谷俊人 
千葉市長
高島宏平 
オイシックス株式会社 代表取締役社長
高島宗一郎 
福岡市長
高宮慎一 
グロービス・キャピタル・パートナーズ
パートナー/Chief Strategy Officer
田中良和 
グリー株式会社 代表取締役会長兼社長
寺田航平 
ビットアイル・エクイニクス株式会社 取締役社長
内藤裕紀 
株式会社ドリコム 代表取締役社長
鉢嶺登 
株式会社オプトホールディング
代表取締役社長CEO
アレン・マイナー 
株式会社サンブリッジ
代表取締役会長 兼 グループCEO
間下直晃 
株式会社ブイキューブ 代表取締役社長
水野弘道 
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)
理事(管理運用業務担当)兼CIO
守安功 
株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役社長兼CEO
堀義人 
グロービス経営大学院学長
グロービス・キャピタルパートナーズ代表パートナー
 
お問い合わせ

一般社団法人G1事務局
東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル 株式会社グロービス内
TEL:03-5275-3681  FAX:03-5275-3890
E-Mail:conference@globis.co.jp