1. G1サミット ホーム
  2. G1ベンチャー
Overview | 2017開催概要
日時
2017年6月11日(日) 9:00-18:00(予定/18:00より懇親会)
会場
グロービス経営大学院 東京校
参加費
98,000円 / 78,000円(早期割引価格:3月末お申し込みまで)

※一部スケジュールのみご参加の場合でも一律ご参加費を申受けます。

※「創業2年以内」且つ「U-30」(開催日時点で30歳以下)の方については
 30,000円にて特別割引を受け付けております。
 お申し込みの前にG1事務局(conference@globis.co.jp)までご連絡ください。

申込締切
早割お申込締切:3月31日(金) / 通常お申込締切:4月28日(金)

※本カンファレンスは完全招待制となります。
 ご招待者には申込URLが記載されたメールをご案内させて頂いております。

※募集が定員に達した場合、お申込期限前に募集を締め切らせていただく事がございます。
 予めご了承ください。

参加人数
280名程度(完全招待制)
主催
一般社団法人G1
News | ニュース
 
G1ベンチャー 開催の目的 (コンセプト)

「G1ベンチャー」は、起業家を中心に、ベンチャー経営に関わる学者・政治家・官僚・メディア等の 第一線で活躍するリーダーたちが集い、イノベーションを生み出し、強いベンチャー企業を育む生態系の構築を目指す。

  • ベンチャー企業ならではの経営課題にフォーカスし、先達に学び、相互の知恵を共有する。
  • 政官学・大企業を巻き込んだG1らしい生態系の創出を目指す。
  • 経営者を中心に、領域・世代を超えたネットワークを構築する。
  • ベンチャー企業の場合には、原則としてCEOのみの参加とする。
 
G1ベンチャー 2017
1日目
09:00-09:15
[オープニング]
09:15-09:35
[第1部 全体会]
世界の模範となる日本の産業1
~“Connected Industries”が実現する未来~

人工知能やロボット、IoTの進化によって、自動車や飛行機、産業用設備に代表される「ものづくり」のルールは根底から変わりつつある。インターネットによって、すべてのモノがつながっていく中、日本ならではの技術力や現場知を活用し、第4次産業革命の覇者になるために必要な行動とは何か。世耕弘成経済産業大臣を迎え、世界の模範たるために日本が目指すべきビジョンを考える。

スピーカー
世耕 弘成
経済産業大臣 兼 内閣府特命担当大臣
参議院議員
09:35-10:15
[第2部 全体会]
世界の模範となる日本の産業2

技術革新によってあらゆる産業構造が根底から変わりつつある中、“Connected Industries”を実現し、新たな市場を創出していくために、起業家たちがとるべき行動とは何か。世耕弘成経済産業大臣、“ConnectedIndustries”ベンチャー懇談会座長を務める牧野正幸氏を迎えて議論する。

パネリスト
世耕 弘成
経済産業大臣 兼 内閣府特命担当大臣
参議院議員
牧野 正幸
株式会社ワークスアプリケーションズ
代表取締役最高経営責任者
モデレーター
堀義人
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタルパートナーズ 代表パートナー
10:30-11:30
[第3部 分科会]
新たな時代の観光ビジネス
~地域の魅力を発掘・発信する~

脱東京一極集中が叫ばれる中、地方の多様な魅力の発信に向けて、大企業とベンチャー、自治体が手を組んで動き始めている。2015年にはJTBとアソビューが資本業務提携を発表し、自治体や日本版DMO向けサポートを通じて、地域の魅力や多様なエクスペリエンスの発信に取り組む。持続的な地方創生を実現し、2020年の訪日観光客数目標3000万人を達成するために、大企業とベンチャーはどのように連携し、行動していくべきか。観光業界のキーパーソンたちが議論する。

パネリスト
古野 浩樹
株式会社ジェイティービー
グループ本社執行役員
法人事業部長
山野 智久
アソビュー株式会社 代表取締役社長
梁 穎希
株式会社Ctrip Japan
代表取締役社長
モデレーター
髙島 宗一郎
福岡市長
“Connected Industries”を実現する物流イノベーションとは

経済のグローバル化が進み、Eコマースの取扱高が急拡大する中で、物流の重要性はいっそう高まっている。クラウド化やIoT、ロボットやドローンをはじめとする技術革新が進み、世界のテックカンパニーが無人配送センターや即日配送に向けて鎬を削る。もはや物流のイノベーションを制することこそ、日本の製造業・商業の競争力を左右するといっても過言ではない。“Connected Industries”を実現する物流とは何か。第一線で活躍するイノベーターたちが議論する。

パネリスト
小澤 隆生
ヤフー株式会社
執行役員
コマースグループ
ショッピングカンパニー長
牧浦 真司
ヤマトホールディングス株式会社
常務執行役員
松本 恭攝
ラクスル株式会社
代表取締役
モデレーター
寺田 航平
エクイニクス・ジャパン株式会社
取締役COO
“Connected Industries”を実現するCVCとは

事業会社によるコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)ファンドの組成が活発化している。オープンイノベーションの重要性がますます高まる中、大企業とベンチャー企業によるシナジー創出を各社が模索する。大企業ならではの資本力やノウハウとベンチャー企業の技術力や革新性をどのように結びつけるのか。最前線で活躍する投資家たちが議論するCVCを成功させるための方法論。

パネリスト
笹本 康太郎
電通ベンチャーズ
マネージングパートナー
堤 達生
グリーベンチャーズ株式会社
General Partner
永田 暁彦
株式会社ユーグレナ
取締役 財務・経営戦略担当
リアルテックファンド 代表
堀 新一郎
YJキャピタル株式会社
代表取締役社長
モデレーター
出雲 充
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長
テクノロジーが実現する医療イノベーション

テクノロジーの進化は、医療における「岩盤規制」に風穴を開け、新たなイノベーションを生み出そうとしている。遠隔診療の拡大や遺伝子検査、ウェアラブルデバイスやビッグデータの活用によるヘルスケア──高齢化が進み、医療費をはじめとする社会保障費の増大が財政を圧迫する中、人々の健康を守り、新たなビジネスを生み出すために必要な行動とは何か。ヘルスケアテック・カンパニーを代表する起業家たちが議論する。

パネリスト
豊田 剛一郎
株式会社メドレー
代表取締役医師
馬場 稔正
MRT株式会社
代表取締役社長
原 聖吾
株式会社情報医療(MICIN, Inc.)
代表取締役
モデレーター
加藤 浩晃
京都府立医科大学眼科学教室
特任助教
デジタルハリウッド大学大学院
客員教授
U-25起業家たちの挑戦

「U-25」世代の起業家の活躍が著しい。スマホネイティブとして育ち、テクノロジーの力で新たな価値をつくり出す。多岐に亘る領域を軽やかに往来し、時にM&Aを行いながら、事業の成長を実現する。U-25起業家たちの目には、どのような世界が見えているのか。どのように市場に挑み、組織の開発に取り組んでいるのか。U-25起業家たちが語る企業と経営のリアル。

パネリスト
加藤 將倫
株式会社Progate
代表取締役
椎木 里佳
株式会社AMF
代表取締役
牧浦 土雅
Needs-One Co., Ltd.
Co-founder
モデレーター
内藤 裕紀
株式会社ドリコム
代表取締役社長
11:45-12:45
[第4部 分科会]
テクノロジーが変えるエンターテイメント
~新たなビジネスモデルと世界発信~

テクノロジーの進化は、エンターテイメントのビジネスモデルをも大きく変えつつある。テレビ一強であったプラットフォームは、YoutubeやNetflixをはじめとする動画サービスの出現によって根底から変わり、マネタイズの手法やスターシステムもまた、巨大な変化に直面している。市場の巨大な変化をビジネスチャンスにつなげていくために必要な行動とは何か。新たなプラットフォームにおいて、日本のコンテンツを世界に発信していくための方法論を議論する。

パネリスト
里見 治紀
セガサミーホールディングス株式会社 代表取締役社長COO
株式会社セガホールディングス 代表取締役会長CEO
サミー株式会社 代表取締役社長CEO
中川 悠介
アソビシステム株式会社
代表取締役
前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長
モデレーター
楠本 修二郎
カフェ・カンパニー株式会社
代表取締役社長
テクノロジーと規制緩和が実現するBig Industry

インターネットの進化やスマホの普及によって、民泊やライドシェアといった新たなビジネスが生まれ、ドローンやセグウェイの出現によって、輸送のあり方は根底から変わろうとしている。巨大な市場が生まれつつある一方で、既存産業とのコンフリクトが各国で生まれている。既存産業の活力を守りながら、新たな成長を実現していくために必要な打ち手とは何か。新たなBig Industryを生み出すための方法論を議論する。

パネリスト
井上 高志
株式会社LIFULL
代表取締役社長
川鍋 一朗
日本交通株式会社
代表取締役会長
JapanTaxi株式会社
代表取締役社長
熊谷 俊人
千葉市長
河野 太郎
衆議院議員
モデレーター
間下 直晃
株式会社ブイキューブ
代表取締役社長
“Connected Industries”時代の人材・組織戦略

働き方改革が進み、企業や場所にとらわれない多様な働き方が生まれ、上限日数制限のない在宅勤務制度を導入する企業が現れる中、会社という「場」の意義が改めて見直されようとしている。リモートワークが普及し、クラウドや通信の進化によって、フリーランスで働くことさえ容易になった時代、志を共にし、メンバーが力を合わせて事業をつくっていく組織をどのように設計するのだろうか。個の確立と強いチームづくりの両立に向けた新たな組織開発の方法論を議論する。

パネリスト
宇佐美 進典
株式会社VOYAGE GROUP
代表取締役社長 兼 CEO
西澤 亮一
株式会社ネオキャリア
代表取締役
平尾 丈
株式会社じげん
代表取締役社長
モデレーター
岡島 悦子
株式会社プロノバ
代表取締役社長
VR/ARの進化がもたらす新たな地平

「ポケモンGO」の爆発的ヒットは、拡張現実(AR)の普及に弾みをつけ、仮想現実(VR)には、FacebookやGoogle、Microsoftといったテックカンパニーの参入が相次ぐ。人工知能やロボティックスと組み合わされた技術は、コミュニケーションや人間の機能さえ拡張していく。リアルと仮想の組合せは、我々の世界にどのような地平をもたらすのか。新たなプラットフォームを巡って、どのようなビジネスチャンスを見出すのか。キーパーソンたちが集結する。

パネリスト
北野 宏明
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
代表取締役社長、工学博士
國光 宏尚
株式会社gumi
代表取締役社長
藤井 直敬
株式会社ハコスコ
代表取締役
村井 説人
株式会社ナイアンティック
代表取締役社長
モデレーター
高宮 慎一
グロービス・キャピタル・パートナーズ
パートナー Chief Strategy Officer
日本の大企業はなぜいまシリコンバレーに向かうのか

2016年、日系企業のサンフランシスコ・ベイエリアへの進出数は過去最高となった。スタートアップのみならず、国内大企業のシリコンバレー・シフトが加速化している。2017年春、SMFG シリコンバレー・デジタルイノベーションラボを立ち上げた三井住友銀行、コーポレートベンチャーキャピタルである朝日メディアラボベンチャーズを立上げた朝日新聞社──なぜいま大企業はシリコンバレーに向かうのか。シリコンバレーを拠点に50社を超えるスタートアップに投資してきた宮田拓弥氏が、その戦略と展望に迫る。

パネリスト
大岡 英興
株式会社三井住友銀行
コーポレート・アドバイザリー本部ニューヨーク駐在
上席部長代理
岡本 彰彦
株式会社リクルートホールディングス
執行役員
野澤 博
株式会社朝日新聞社 メディアラボ
米シリコンバレー事務所長
朝日メディアラボベンチャーズ株式会社
取締役マネージング・ディレクター
モデレーター
宮田 拓弥
スクラムベンチャーズ
ジェネラルパートナー
13:00-14:00
[ランチ]
世界の模範となる日本の産業3
~“Connected Industries”が実現する未来~

デジタル化が進展する中、日本の強みである高い「技術力」や「現場力」を活かし、様々なつながりによるソリューション志向の新たな産業社会を目指し打ち出されたコンセプト“Connected Industries”。テーブルリーダーを中心に率直なディスカッションをしていただき、業界や世代の壁を超えた新たなつながりを生み出していく。

14:15-15:15
[第5部 分科会]
テクノロジーとクリエイティビティと経営

テクノロジーの進化と、クリエイティブ経済の発達。新しいパラダイムの中で、経営はどう進化していくべきか。イノベーションと組織の効率性。クリエイティビティと組織の拡大。これらを両立する経営とは何か。クリエイティブディレクターであり経営者であるパネリストたちと議論する。

パネリスト
伊藤 直樹
PARTY
クリエイティブディレクター CEO
田川 欣哉
Takram
代表
柳澤 大輔
面白法人カヤック
代表取締役CEO
モデレーター
梅澤 高明
A.T.カーニー株式会社
日本法人会長
“日本版ユニコーン”経営者たちが考えるイノベーションを生み出す組織のつくり方

創業からわずか4年で日米合計6000万ダウンロードを達成し、CtoCコマースを根底から変えつつあるメルカリ。創業から一代で売上1000億円の企業を育て、「艦これ」や英会話、家事サービスはじめ次々と新規事業を手掛けるDMM。なぜ両社は日本版ユニコーン企業になれたのか。急激な成長を実現し、新規事業を輩出するための組織をどのようにつくるのか。社長交代から次なる戦略まで、ふたりのトップが本音を語る。

パネリスト
亀山 敬司
株式会社DMM.com
取締役会長
小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役社長 兼 COO
モデレーター
麻生 巖
株式会社麻生
代表取締役社長
“Connected Industries”を実現するイノベーション
~起業家たちの取るべき行動とは~

第4次産業革命によって、ものづくりの付加価値は、従来の加工技術のみならず、データ解析やソフトウェア開発へと変わりつつある。あらゆる業界のルールが根底から変わる中、新たな産業の枠組みをもたらすイノベーションを生み出すには、起業家の挑戦こそが不可欠となる。“Connected Industries”の実現に向けて、ベンチャー企業が果たすべき役割を議論する。

パネリスト
島田 太郎
シーメンス株式会社
専務執行役員
中澤 優子
株式会社UPQ
代表取締役
長谷川 順一
株式会社Preferred Networks
取締役 最高執行責任者
モデレーター
秋山 咲恵
株式会社サキコーポレーション
代表取締役社長
テクノロジーが変える教育の未来

反転教育やMOOCが普及し、アクティブラーニングなど学び方の多様化が進み、学校教育の現場は大きく変わりつつある。人工知能による人間の言語習得が進み、機械翻訳の精度が日々進化する中で、知識や教育という概念そのものが見直しを迫られている。GoogleやSiriがあらゆる知識を教えてくれる近未来、教育はどのようなイノベーションを遂げるのか。巨大な変化の中、どのようなビジネスチャンスが到来するのか。イノベーターたちが見つめる教育の未来。

パネリスト
森 健志郎
株式会社スクー
代表取締役
山口 文洋
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
代表取締役社長
湯野川 孝彦
株式会社すららネット
代表取締役社長
モデレーター
井上 陽介
株式会社グロービス
マネジング・ディレクター
人工知能から人工生命へ
~Exponential Revolutionは実現するか~

テクノロジーの指数関数的進化によって、人類はかつてない変化に直面しようとしている。中央銀行の承認を必要としないビットコインが普及し「中央」という概念さえ希薄化していく時代において、政治やメディアのあり方は根底から変わりつつある。VR/ARやロボットの技術革新が進み、ナノサイズの医療デバイスが血管を巡り、クラウド上で大脳が拡大する時、人体もまた、飛躍的な進化を遂げようとしている。社会はどのように変容するのか。人間、そして生命はどのように再定義されるのか。Exponential Revolutionがもたらす新たな世界を縦横無尽に議論する。

スピーカー
尾原 和啓
文筆家
鈴木 健
スマートニュース株式会社
代表取締役会長 共同CEO
15:30-16:30
[第6部 分科会]
動画ビジネスの新たな覇者は誰か

インターネット動画広告市場は2017年に1,000億円を超えると予想され、PC・タブレット・携帯電話の合計利用時間がテレビの視聴時間を抜いて久しい。かつてテレビを中心に動いてきた広告市場は、スマホに主戦場を変え、顧客とのエンゲージメントに向けた新たなコンテンツやプラットフォームが次々と生み出されている。動画ビジネスの新たな覇者となるのは誰か。スマホ時代の新たなマーケティングの方法論とは。

パネリスト
上坂 優太
株式会社Viibar
代表取締役
高松 雄康
株式会社オープンエイト
代表取締役社長 兼 CEO
吉田 大成
株式会社エブリー
代表取締役
モデレーター
夏野 剛
慶應義塾大学政策・メディア研究科
特別招聘教授
“Connected Industries”時代の新たな金融

インターネットの進化は、金融業界をも根底から変えつつある。ビットコインをはじめとする仮想通貨の浸透によって、貨幣はその形を変容しつつあり、かつての銀行業務はスマートフォンに代替されていく。モノと人がインターネットでつながれ、莫大なビッグデータが産業の新たな石油となる時代において、金融はどのように姿を変えるのか。キーパーソンたちが議論する“Connected Industries”時代の金融の新たな形。

パネリスト
北澤 直
株式会社お金のデザイン
取締役COO
辻 庸介
株式会社マネーフォワード
代表取締役社長CEO
鶴岡 裕太
BASE株式会社
代表取締役CEO
モデレーター
高野 真
Forbes JAPAN CEO & 編集長
D4V Founder & CEO
“Connected Industries”時代の農業
~アグリテックがもたらすイノベーションとは~

IoTの進化は農業の世界をも根底から変えつつある。センサー技術やデータ解析によって、これまで天候や属人的な技術に依存せざるを得なかった領域に、飛躍的なイノベーションが生まれつつある。高齢化や後継者不足による農業就業人口の減少。テクノロジーの進化は、日本の農業が直面してきた問題の切り札となり得るのか。アグリテックの最前線で活躍する第一人者たちが語る“Connected Industries”時代の農業。

パネリスト
岩佐 大輝
株式会社GRA
代表取締役CEO
佐々木 伸一
株式会社ルートレック・ネットワークス
代表取締役社長
安田 瑞希
株式会社ファームシップ
代表取締役
モデレーター
髙島 宏平
オイシックス株式会社
代表取締役社長
ネットとリアルをつなぐ覇者
~オムニチャネル時代の新たなマーケティングとは~

日本国内の消費者向けEコマースの市場規模は15兆円を超えた。消費者の購買スタイルが大きく変わる中、百貨店やコンビニエンスストアはオムニチャネル戦略を推進し、ネットとリアルを融合したマーケティングを推進する。ショールーミングをはじめとする課題に小売各社が直面する一方で、領域を超えた異業種のプレイヤーたちの提携が進む。オンラインとオフラインを設計し、消費者コミュニティを強化し、購買につなげる方法論とは何か。オムニチャネル時代の新たなマーケティング戦略とは。

パネリスト
土屋 裕雅
株式会社カインズ
代表取締役社長
山田 岳人
株式会社大都
代表取締役
山田 メユミ
株式会社アイスタイル
取締役 兼 CCO
株式会社ISパートナーズ
代表取締役社長
モデレーター
青井 浩
株式会社丸井グループ
代表取締役社長
世界を動かす“広告”とは
~シンガタ佐々木宏氏に聞くクリエイティブと言葉の力~

世界はビジョンと言葉でできている。まだ見ぬ世界を描き、人々の共感を生み、今日よりも少し良い明日をつくりだしていく。顧客を魅了し、世界を動かす広告は、どのようにつくられるのだろうか。JR東海「そうだ 京都、行こう。」、サントリー「BOSS」「モルツ」「DAKARA」、ソフトバンクモバイル「白戸家シリーズ」はじめ、日本を代表するCMを手がけ、2016年のリオデジャネイロオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバー・セレモニー企画統括で世界を沸かせたクリエーティブディレクター佐々木宏氏が語る。

スピーカー
佐々木 宏
クリエーティブディレクター
モデレーター
井上 英明
株式会社パーク・コーポレーション
代表取締役
16:45-17:15
[第7部 全体会]
G1メディアアワード授賞式

「批判よりも提案を」のG1精神を体現し、日本社会の発展に貢献するメディアや人物を称えるため2014年に創設された賞。メディア全体が大変革期を迎える中で今年は、新しい媒体を構築し、日本と世界を繋げ、斬新なコンテンツで人々の感動や共感を生み出しているトップランナー達に贈る。

17:15-18:00
[第8部 全体会]
コンテンツとメディアの新たな可能性

リオデジャネイロオリンピック閉会式でのフラッグハンドオーバー・セレモニーは世界を魅了し、社会現象となった「君の名は。」「シン・ゴジラ」によって、2016年の映画の興行収入は過去最高を記録し、邦画の新たな可能性を示唆する。サイバーエージェントとテレビ朝日が組んだ「AbemaTV」は、インターネットとテレビの新たな地平を拓く。テクノロジーがすべての業界のタテの壁を消滅させていく中、コンテンツとメディアはどのようにその姿を変えるのか。本年のG1メディアアワード受賞者たちが議論するコンテンツとメディアの新たな可能性。

パネリスト
川村 元気
映画プロデューサー・小説家
佐々木 宏
クリエーティブディレクター
藤田 晋
株式会社サイバーエージェント
代表取締役社長
モデレーター
瀬尾 傑
株式会社講談社
第一事業戦略部長 兼 デジタルソリューション担当部長
18:00-18:20
[クロージングセッション]
18:30-20:30
[懇親会]

(プログラムは予告なく変更される場合がございます)

日時 2017年06月11日(日)
会場
参加費
人数
主催 一般社団法人G1
 
協賛企業
2017
Gold Sponsors
アクセンチュア株式会社
新日本有限責任監査法人
住友不動産株式会社
ヤフー株式会社
株式会社ワークスアプリケーションズ
Silver Sponsor
株式会社サンブリッジ
Bronze Sponsors
株式会社アイレップ
株式会社アルビオン
株式会社I-ne
株式会社ウィルグループ
株式会社ギークピクチュアズ
株式会社D2C
株式会社ネオキャリア
株式会社ポジティブドリームパーソンズ
個人協賛
麻生 巖 様
伊藤 順朗 様
楠本 修二郎 様
窪田 良 様
高野 真 様
辻 庸介 様
土屋 裕雅 様
増田 純一 様
吉田 浩一郎 様
 
アドバイザリー・ボード
出雲 充 
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長
岩瀬 大輔 
ライフネット生命保険株式会社
代表取締役社長 兼 COO
梅澤 高明 
A.T.カーニー株式会社
日本法人会長
岡島 悦子 
株式会社プロノバ
代表取締役社長
小澤 隆生 
ヤフー株式会社
執行役員 コマースグループ
ショッピングカンパニー長
楠本 修二郎 
カフェ・カンパニー株式会社
代表取締役社長
窪田 良 
慶應義塾大学医学部 客員教授
窪田製薬ホールディングス株式会社
代表執行役会長、社長 兼 最高経営責任者
熊谷 俊人 
千葉市長
高島 宏平 
オイシックス株式会社
代表取締役社長
高島 宗一郎 
福岡市長
高宮 慎一 
グロービス・キャピタル・パートナーズ
パートナー Chief Strategy Officer
寺田 航平 
エクイニクス・ジャパン株式会社
取締役COO
田中 良和 
グリー株式会社
代表取締役会長 兼 社長
内藤 裕紀 
株式会社ドリコム
代表取締役社長
アレン・マイナー 
株式会社サンブリッジコーポレーション
代表取締役会長 兼 グループCEO
間下 直晃 
株式会社ブイキューブ
代表取締役社長
鉢嶺 登 
株式会社オプトホールディング
代表取締役社長CEO
守安 功 
株式会社ディー・エヌ・エー
代表取締役社長 兼 CEO
堀 義人 
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ
代表パートナー
 
お問い合わせ

一般社団法人G1事務局
東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル 株式会社グロービス内
TEL:03-5275-3681  FAX:03-5275-3890
E-Mail:conference@globis.co.jp