1. G1サミット ホーム
  2. G1新世代リーダー・サミット
News | ニュース
 
G1新世代リーダー・サミット 開催の目的 (コンセプト)

「G1サミット」の若手部会として、各領域で活躍する20歳~30歳代のリーダーを募り、日本の未来を担う人材を発掘・育成していく事を目的とします。今後の日本・世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場を提供します。

  • リーダーとしての視座を広げ、日本や世界の将来を考えるための場とします。
  • 政治・経済・文化・技術・環境など幅広い分野に関する意見交換を重視します。
  • 一方向のインプットだけでなく、参加者相互の学びを重視します。
  • 同世代の良き仲間とのコミュニティ形成・強化を重視します。
 

This year’s theme is “Connecting a Fractured World.” As US President Donald Trump pursues an “America First” policy, traditional alliances are becoming challenged. Japan and other anxious allies carefully balance their interests with the US while building up relations with other countries. At the same time, new technological breakthroughs in AI, IoT, and blockchain are upending our traditional notions of trust, productivity, and privacy.

In this fractured world, new connections in politics, business, society, and technology will be needed to survive. At the 8th G1 Global Conference, we will discuss “Connecting a Fractured World,” bringing together the wisdom from various sectors and regions from around the globe.

Expected speakers include (subject to change): -Taro Kono, Japan’s Minister for Foreign Affairs
-Jane Harman, Director, Wilson Center, former Member of US Congress
-Heizo Takenaka, Professor, Toyo University
-Mark Kennedy, President, University of North Dakota, former Member of US Congress
-Sachiko Kuno, President & CEO, S&R Foundation
-Tom Kelley, Partner, IDEO
-Pallavi Aiyar, award-winning journalist
-Robert Alan Feldman, Chief Economist, Morgan Stanley MUFG Securities
-Soichiro Minami, CEO, BizReach
-Amb. Jim Zumwalt, CEO, Sasakawa Peace Foundation USA
-Hiromichi Mizuno, Executive Managing Director, CIO, Government Pension Investment Fund (GPIF)
-Michael Cusumano, Distinguished Professor of Management, MIT Sloan School of Management
-Tak Umezawa, Japan Chairman and Partner, A.T. Kearney
-Narendra Taneja, Spokesperson, BJP (India’s governing party)
-Ross Rowbury, President and Representative Director, Edelman Japan KK
-Kent Calder, Vice Dean and Director, Reischauer Center for East Asian Studies, Johns Hopkins SAIS
-Yumiko Murakami, Head, Tokyo Centre, OECD
-Jesper Koll, CEO, Wisdom Tree Japan
-Abigail Friedman, CEO, The Wisteria Group
-Ken Jimbo, Associate Professor, Faculty of Policy Management, Keio University
-Dong Wang, Professor, Peking University
-Abraham Denmark, Director, Asia Program, Wilson Center
-Leo Lewis, Tokyo Correspondent, Financial Times,
-Joanna Pitman, fmr Tokyo Bureau Chief, Times of London,
-Terrie Lloyd, CEO LINC Media
-Hannah Bauman, Social Policy Analyst
-Denes Ban, Managing Partner, OurCrowd
-Judy Marlinski, President, Fidelity Institutional Asset Management
-Sachin Shah, CEO, MetLife Japan
-Chiaki Hayashi, Co-founder, Loftwork, Inc.
-Dr. Chiew-Ping Hoo, Sr. Lecturer, National University of Malaysia
-Marjut Hannonen, Minister-Counsellor, Delegation of the European Union to Japan
-Shigehiro Tanaka, Dir-Gen, Trade Policy Bureau, Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)
-Bu Maoliang, Professor, Nanjing University
-Nobuko Nagase, Professor, Ochanomizu University
-Naho Shigeta, CEO, Infobridge
-Lin Kobayashi, Founder, IWC ISAK Japan
-Emre Yuasa, GLOBIS Capital Partners

第6回 G1U-40
プログラム
1日目
20:00-22:00
[ウェルカムディナー]
2日目
07:00-08:30
[朝食]
09:00-09:15
[オープニングセッション]
09:15-10:15
[第1部 全体会]
G1U-40がつくる日本の未来
~100の行動2.0~

2009年にG1が発足して10年、G1メンバーが日本の中枢を担い、それぞれの分野で世界をリードすることとなった。G1の中核世代となったU-40世代は、次の10年に向けていかなる行動をとるべきか。スタンフォード大学のリサーチスカラー櫛田健児氏がみる日本の課題と可能性、ITから水産業まで幅広い分野で“日本政治のアップデート”に尽力する小林史明氏が創りだす政治的変革、子どもの貧困問題から休眠預金活用など社会変革を牽引し続けるフローレンスの駒崎弘樹氏が考える未来をふまえ「G1U-40がつくる日本の未来 ~100の行動2.0~」をテーマに議論する。モデレータ―は、経済産業省の「次官・若手プロジェクト」の中核メンバー須賀千鶴氏が務める。

パネリスト
櫛田 健児
Stanford University
リサーチスカラー
小林 史明
衆議院議員
総務大臣政務官 兼 内閣府大臣政務官
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス
代表理事
モデレーター
須賀 千鶴
経済産業省
10:30-11:30
[第2部 全体会]
文化・哲学・宗教の力で日本を変える

テクノロジーが指数関数的に進化し、世界情勢が混迷を極める中、これまでの常識や価値観が大きく揺らぎ始めている。リーダーには「物事の本質」を見極める力に加えて、文化を語る「教養」と、哲学という「人間の軸」が求められる。「宇宙兄弟」や「ドラゴン桜」など多くの作品から普遍的な価値を見出し世界に送り出すコルクの佐渡島庸平氏、太宰府天満宮の100年先を見据え、守るべき伝統は残し、現代アートなどの新たな価値を取り入れる西高辻信宏氏、ローマ教皇への謁見やダボス会議への参加など宗教の垣根を超えた活動に精力的に取り組む松山大耕氏。モデレータは、為末大氏が務め、政治・経済ではなく、「文化・哲学・宗教の力で日本を変える」ことを議論する。

パネリスト
佐渡島 庸平
株式会社コルク
代表取締役
西高辻 信宏
太宰府天満宮
権宮司
松山 大耕
臨済宗 大本山妙心寺 退蔵院
副住職
モデレーター
為末 大
一般社団法人アスリートソサエティ
代表理事
11:30-11:40
[アクティビティ事前説明]
11:40-12:40
[ランチ]
12:50-19:00
[アクティビティ]
19:30-21:15
[ディナー]
21:30-23:00
[ナイトセッション]
3日目
07:00-08:30
[朝食]
09:00-10:00
[第3部 全体会]
先端テクノロジーにより社会を変え、世界に挑む

様々な領域にテクノロジーが取り入れられることで、人々の生活、産業、社会は劇的な変化を遂げている。次の世界をつくるテクノロジーをいかにして経営に取り入れて、社会を変革するか。デジタルデバイスの知能化技術(アルゴリズム)を研究 & 開発し “未来のソフトウェア” としてのアルゴリズムを社会実装するPKSHA Technologyの上野山勝也氏、科学とエンターテインメントを両立させ、東京五輪等イベントでの人工流れ星事業展開を目指すALE岡島礼奈氏、ローンチからわずか4年半で世界累計ダウンロード数1億を突破し、“新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る”というミッションに突き進むメルカリの小泉文明氏とともに、伝統的で巨大な印刷産業にIT変革を引き起こしたラクスルの松本恭攝氏が「先端テクノロジーにより社会を変え、世界に挑む」方法論を議論する。

パネリスト
上野山 勝也
株式会社PKSHA Technology
代表取締役 博士(機械学習)
岡島 礼奈
株式会社ALE
代表取締役社長
小泉 文明
株式会社メルカリ
取締役社長 兼 COO
モデレーター
松本 恭攝
ラクスル株式会社
代表取締役
10:15-11:45
[第4部 全体会]
G1U-40へのメッセージ

G1U-40恒例の、先輩から学ぶセッション。リーダーにとって必要な言葉をどう養うのか?人を動かすコミュニケーション戦略を説くフライシュマン・ヒラード・ジャパン田中愼一氏、「Hospitality Innovator」として日本の観光産業を牽引する星野リゾートの星野佳路氏、第2次安倍内閣の女性活力・子育て支援担当大臣として、女性活躍による成長戦略を打ち出し、自らも子育てをしながら参議院議員として活躍する森まさこ氏を迎え、メディカルノートの高岡美緒氏がその人生・生き方、仕事観を引き出す。

パネリスト
田中 愼一
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
代表取締役社長
星野 佳路
星野リゾート
代表
森 まさこ
参議院議員
モデレーター
高岡 美緒
株式会社メディカルノート
取締役 事業開発責任者
Arbor Ventures
パートナー
12:00-12:30
[クロージング・セッション]
13:00-14:30
[フェアウェルランチ]

(プログラムは予告なく変更される場合がございます)

日時 2018年06月22日(金)〜2018年06月24日(日)
会場
言語
参加費
人数
主催 一般社団法人G1
後援
 
協賛企業
2018
Gold Sponsors
EY Japan
ヤフー株式会社
株式会社ヤマシタコーポレーション
株式会社リクルートホールディングス
Silver Sponsors
株式会社ジャパネットホールディングス
セガサミーグループ
Bronze Sponsors
KISCO株式会社
株式会社メルカリ
個人協賛
塩田 元規 様
野田 泰平 様
藪ノ 賢次 様
特別協力
株式会社ワタベアンドカンパニー
ライフイズテック株式会社
株式会ヤッホーブルーイング
株式会社柳澤農園
 
アドバイザリー・ボード
石川 善樹 
株式会社Campus for H
共同創業者
出雲 充 
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長
小泉 進次郎 
衆議院議員
小林 りん 
学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン
代表理事
﨑田 恭平 
日南市長
里見 治紀 
セガサミーホールディングス株式会社
代表取締役社長 グループCOO
株式会社セガホールディングス
代表取締役会長CEO
サミー株式会社
代表取締役社長CEO
白木 夏子 
株式会社HASUNA
代表
須賀 千鶴 
経済産業省
高岡 美緒 
株式会社メディカルノート
取締役 事業開発責任者
Arbor Ventures
パートナー
為末 大 
一般社団法人アスリートソサエティ
代表理事
松山 大耕 
臨済宗 大本山妙心寺 退蔵院
副住職
宮澤 弦 
ヤフー株式会社
常務執行役員
メディアカンパニー長
湯浅 エムレ 秀和 
グロービス・キャピタル・パートナーズ
プリンシパル
渡部 幸治 
株式会社ワタベアンドカンパニー
代表取締役社長
堀 義人 
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ
代表パートナー
 
お問い合わせ

一般社団法人G1事務局
東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル (株式会社グロービス内)
TEL:03-5275-3681  FAX:
E-Mail:conference@globis.co.jp