1. G1サミット ホーム
  2. G1経営者会議
Overview | 2017開催概要
日時
2017年11月3日(金・祝) 9:00-18:30(予定/終了後懇親会18:45-20:00)
会場
グロービス経営大学院
東京校(東京都東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル)
参加費
お一人様96,000円(参加費・懇親会費含む)

【早期申込割引】8月31日(木)までにお申し込みいただいた場合は78,000円となります

申込締切
9月29日(金)
参加人数
200名程度(予定)

※募集が定員に達した場合、お申込期限前に募集を締め切らせていただく事がございます。予めご了承ください。

主催
一般社団法人G1/株式会社グロービス
「G1経営者会議」は、企業経営者の方のみを対象とした完全ご招待制の会議となります。
一般社団法人G1/株式会社グロービスよりご招待申し上げた方のみご参加いただけます。
 
G1経営者会議 開催の目的 (コンセプト)

今後の日本・世界を担っていくリーダーたちが学び、交流する場を提供する「日本版ダボス会議」です。このサミットを通じて、日本や世界の政治・経済・文化・技術・環境などを大いに学び、互いに語り合い、交わることにより、参加者の皆様が将来各界でリーダーシップを発揮するときの知恵やネットワーク基盤を提供するものとします。

  • 各分野で活躍する日本企業の事例と課題を共有し、世界で戦うための知恵を結集する
  • 先人や異領域から学び、新たな時代を拓くリーダーとしての視座を養う
  • 国際社会に貢献し、次世代により良い社会を託すために、企業が果たすべき役割を議論し実行する
 
G1経営者会議2016
プログラム
1日目
09:00-09:10
[オープニング]
09:10-09:55
[第1部 全体会]
テクノベートが実現する日本の成長戦略

安倍政権は「日本再興戦略2016」で、第4次産業革命を成長戦略の中核として位置づけた。人工知能やロボット、IoTの活用によって、新たなビジネスを生み出し、GDP30兆円の付加価値創出を目指す。テクノロジーが生み出すイノベーションは、莫大な富をもたらす可能性を秘める一方で、従来の産業や就業構造を根底から変えていく。テクノベート(「テクノロジー」×「イノベーション」)の時代、日本のさらなる成長を実現するために、企業経営者が取り組むべき行動を問う。

スピーカー
菅 義偉
内閣官房長官沖縄基地負担軽減担当大臣
竹中 平蔵
慶應義塾大学 名誉教授東洋大学 教授
10:00-11:00
[第2部 全体会]
成長戦略としてのピボット
~事業転換を実現する方法論~

テクノロジーの進化によって、あらゆる業界の競争ルールが根底から変わろうとしている。旧来の価値観が崩壊し、新たなパラダイムにとってかわる時代、変化に柔軟に対応し、事業を「ピボット(方向転換)」する力が問われている。停滞事業からピボットして、新たな成長領域へ舵を切るために、経営者が行なう決断とは何か。成長戦略としてのピボットを実現する方法論を議論する。

パネリスト
青井 浩
株式会社丸井グループ 代表取締役社長
小池 利和
ブラザー工業株式会社 代表取締役社長
松﨑 正年
コニカミノルタ株式会社 取締役会議長
モデレーター
御立 尚資
ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー&マネージング・ディレクター
11:20-12:20
[第3部 分科会]
テクノロジーが変容するプラットフォーム戦略

「21世紀の富はプラットフォームから生まれる」――かつて喝破されたように、AppleはiTunesという生態系をつくりあげ、商流や情報流を根底から変えた。シェアリングエコノミーやクラウドソーシングといった新たなプラットフォームが生まれ、テクノロジーの進化によって、不動産や小売、決済といったビジネスもまた、その姿を大きく変えていく。リアルとネットの双方においてプラットフォームを構築し、生態系を生み出していくための戦略とは何か。「ポケモンGO」を運営するナイアンティック、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「HOME’S」を運営するネクスト、ポイントサービス「Ponta」会員7700万人を擁するローソン。各社が展開する戦略に「ザ・プラットフォーム」著者の尾原和啓氏が迫る。

パネリスト
井上 高志
株式会社ネクスト 代表取締役社長
野辺 一也
株式会社ローソン 執行役員カードサービス事業管掌 兼 ホームコンビニエンス事業本部長兼 SGローソン株式会社代表取締役
村井 説人
株式会社ナイアンティック 代表取締役社長
モデレーター
尾原 和啓
Fringe81株式会社 執行役員
テクノベート時代の新たな"働き方"とは

テクノロジーがあらゆる業界を変革していく中で、就業構造や働き方、企業と個人の関係もまた、大きく変わろうとしている。リモートワークや副業を推奨する企業も現れ、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現を政府が主導する。産業構造がドラスティックに変わる中、日本企業が競争優位を獲得していくために、どのような「働き方」が必要となるのか。働き方改革を進めるパネリストたちに迫る。

パネリスト
石井 雅実
株式会社かんぽ生命 取締役兼代表執行役社長
河野 太郎
衆議院議員
小室 淑恵
株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
モデレーター
牧野 正幸
株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者
中国経済の今後
~復調は持続するのか~

2016年は、中国発の世界同時株安で幕を開けた。貿易額は6年ぶりに前年割れとなり、2015年は前年比8%減となった。失速したかに見えた中国経済だが、今年8月には経済指標が好転。持続的な復調となるかどうかが注視されている。中国経済の今後はどうなるのか。新常態(ニューノーマル)下の中国に、どのようなビジネスチャンスがあるのか。中国市場を知悉するキーパーソンたちが語る。

パネリスト
川島 真
東京大学大学院総合文化研究科 教授
小久保 憲一
株式会社日立製作所 執行役常務 中国総代表
村尾 龍雄
キャストグループ 代表/弁護士・税理士
モデレーター
井田 純一郎
サンヨー食品株式会社 代表取締役社長
経済界が東京2020オリパラにどう貢献し、東京2020オリパラが経済・日本をどう変えるべきか

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、スポーツ振興、各種施設やインフラの整備が急ピッチで進められている。一過性のイベントで終わらせることなく、後世に引き継がれるオリンピック・レガシーを残すために、企業はどのように貢献できるのか。一方、東京2020オリパラを契機にして、日本そして経済をどう変えていくべきなのだろうか。2020年に向けたアクションを議論する。

パネリスト
朝日 健太郎
参議院議員
尾山 基
株式会社アシックス 代表取締役社長CEO
小林 住彦
(公財)オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会広報局企画制作部長
モデレーター
栗山 浩樹
日本電信電話株式会社 取締役 新ビジネス推進室長 2020担当
12:20-13:20
[ランチ]
ランチ・プレゼンテーション
スピーカー
塩沼 亮潤
慈眼寺 住職
13:30-14:30
[第4部 分科会]
第4次産業革命がもたらす製造業の新たな進化形

テクノロジーの進化によって、ものづくりの価値の源泉は大きく変わろうとしている。自動車や家電、産業用設備はインターネットにつながれ、ソフトウェアのアップデートによって進化を遂げ、3Dプリンティングの普及が製造現場を変容していく。GEは「インダストリアル・インターネット」を掲げ、ソフトウェア企業への転換を図り、SAP、シーメンス、ボッシュは「インダストリー4.0」を打ち出し、新たな製造業の姿を描く。インターネットによってすべてのモノがつながる中、産業と社会はどのように変容していくのか。第4次産業革命がもたらす大変化を考える。

パネリスト
新野 昭夫
日本GE株式会社 インダストリアル インターネット推進本部長
長島 聡
株式会社ローランド・ベルガー 代表取締役社長 工学博士
馬場 渉
SAPジャパン株式会社 バイスプレジデント・チーフイノベーションオフィサー
モデレーター
秋山 咲恵
株式会社サキコーポレーション 代表取締役社長
テクノベート時代のデザインと経営

「ソフトとハード」「ネットとリアル」--テクノロジーの進化によって、これまで別物と考えられていた領域が融合し、優れた顧客体験(UX)を設計するために、デザインとエンジニアリングの融合が進む。デザインはもはや経営の一資源ではなく、新たなイノベーションの源泉となりつつあり、金融やコンサルティングファームといった業界までもが、デザインファームの買収に乗り出す。産業構造が根底から変わる中、デザインと経営の融合は、どのような課題解決をもたらすのか。新たな価値を生み出すための方法論を議論する。

パネリスト
川鍋 一朗
日本交通株式会社  代表取締役会長 JapanTaxi株式会社 代表取締役社長
田川 欣哉
takram design engineering代表
林 千晶
株式会社ロフトワーク 共同創業者 代表取締役
モデレーター
梅澤 高明
A.T.カーニー株式会社 日本法人会長
デジタル時代のコミュニケーション

スマートフォン普及率が 67% を超え、オフラインとオンラインという切り分けが意味をなさなくなろうとしている時代。あらゆる情報は、記録され、発信され、オープンになっていく。モバイルが前提となった今、企業のコミュニケーションはどのように進化していくのか。日本マクドナルドのマーケティング変革の立役者の足立氏、自民党の「情報参謀」 小口氏、LINE 田端氏に、Google 岩村氏が迫る。

パネリスト
足立 光
日本マクドナルド株式会社 上級執行役員 マーケティング本部長
小口 日出彦
株式会社パースペクティブ・メディア 代表取締役社長
田端 信太郎
LINE株式会社 上級執行役員 コーポレートビジネス担当
モデレーター
岩村 水樹
グーグル株式会社 アジア太平洋地域マネージングディレクター Brand&Marketing
マーケティング戦略としてのスポーツマネジメント

観客を動員し、選手が躍動し、熱狂を生み出す。スポーツが隆盛する舞台裏には、優れた経営の手腕がある。ファンを魅了し、スタジアム・アリーナという場をつくり、収益を生み出す生態系を構築するために、経営者たちは、どのような取組を行なっているのか。またプロスポーツチームは、企業にとってもマーケティングの絶好の機会となる。サッカー・野球・バスケットボールのチーム/リーグ運営に関わってきたパネリストたちに聞く。

パネリスト
池田 純
株式会社横浜DeNAベイスターズ 前代表取締役社長
中西 大介
日本プロサッカーリーグ 常務理事
山谷 拓志
株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント代表取締役社長
モデレーター
民秋 清史
株式会社モルテン 代表取締役社長 最高経営責任者
14:45-15:45
[第5部 分科会]
第4次産業革命時代の金融とは
~Fintechが実現する未来~

テクノロジーの進化があらゆる業界を根底から変えていく中、金融業界もまた、大きな岐路に立っている。国家の信用を基盤としない仮想通貨が生まれ、ブロックチェーン技術の進化によって送金・決済が簡素化され、P2Pレンディングが普及する中で、従来の銀行業務は、かつてない変化に迫られている。Fintechの進化によって、金融ビジネスはどのように変わるのか。各国の競争が激化する中、変化を競争優位につなげていくために、日本がとるべき打ち手を議論する。

パネリスト
岩下 直行
日本銀行 決済機構局審議役 FinTechセンター長
柏木 英一
株式会社三菱東京UFJ銀行 デジタルイノベーション推進部長
増島 雅和
森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士
モデレーター
高野 真
フォーブス ジャパン CEO 兼 編集長
女性リーダーが変える日本の経営

2015年8月、女性活躍推進法が成立。自社の女性活躍に関わる状況の把握と行動計画の策定が掲げられた。10年の時限立法であるこの法律。この10年間で、女性のさらなる活躍を推進し、女性リーダーを輩出できるかどうかが、日本経済の岐路となっている。女性リーダーの活躍を加速化し、競争優位につなげるために、企業経営者が取るべき打ち手を議論する。

パネリスト
高岡 美緒
マネックスグループ株式会社 執行役員 新事業企画室長
山口 文洋
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長
山田 真貴子
総務省 官房長
モデレーター
程 近智
アクセンチュア株式会社 取締役会長
持続的成長を実現する投資・事業活動

安倍政権は成長戦略のひとつとして、ROEの国際的水準への引上げを打ち出し、日本企業の低収益性を改善するとともに、株式市場の活性化を図ろうとしている。マイナス金利を背景に、国内上場企業による自社株買いは過去最高を更新した。しかし、短期的なROE改善は、必ずしも企業価値の向上に直結しない。日本企業が「稼ぐ力」を取り戻し、持続的な成長を実現していくために、経営者と投資家が果たすべき役割とは何か。持続的な成長を実現するためのコーポレートガバナンスはどうあるべきか。キーパーソンたちが議論する。

パネリスト
石川 隆次郎
三菱商事株式会社 執行役員新産業金融事業グループCEO補佐
川島 貴志
第一生命ホールディングス株式会社取締役専務執行役員DSR経営推進本部長第一生命保険株式会社 取締役専務執行役員
水野 弘道
年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF)理事 兼CIO (最高投資責任者)
モデレーター
藤沢 久美
シンクタンク・ソフィアバンク 代表
非常時をマネジメントする
~企業のCSRと連携の新たな形とは~

2016年4月の熊本地震。余震が続き、避難所の情報が錯綜する中、立ち上がったG1メンバーたちがいる。熊本出身である花まる学園の高濱氏の呼びかけのもと、西濃運輸の田口氏が自社トラックで物資を手配。物資のニーズと支援状況を把握するために、地図連動型のアプリをレッドフォックスが開発し、ツネイシホールディングスの末松(神原)氏によって、救援物資を搭載した貨物船が鹿児島県志布志港へと出港した。30年以内に起こるとされる巨大地震。避けられない災害に向けて、企業はどのように動き、連携するべきか。CSRの新たな形と連携を議論する。

パネリスト
末松(神原)
弥奈子
ツネイシホールディングス株式会社 専務取締役 CSV本部本部長株式会社ニューズ・ツー・ユーQnary Japan株式会社
田口 義隆
セイノーホールディングス株式会社 代表取締役社長
別所 宏恭
レッドフォックス株式会社 代表取締役社長
モデレーター
高濱 正伸
株式会社こうゆう 花まる学習会 代表取締役
16:00-17:00
[第6部 分科会]
人工知能は経営をどう変えるか

人工知能への投資が世界中で加速している。IBMが開発した人工知能「ワトソン」は、クイズ番組で人間を破っただけでなく、医療や金融の領域における実用化が進み、銀行窓口やコールセンターでの採用が相次ぐ。自動運転車の実用化に向けて、グーグルやテスラ、トヨタをはじめ、各社が開発に注力している。ハードウェアがネットワークに接続され、自動車業界の競合としてインターネット企業が立ちはだかる。産業構造が根底から変わる中、日本企業がアドバンテージを構築するために何をするべきか。人工知能の進化は、産業と社会にどのような変化をもたらすのか。キーパーソンたちが語る人工知能実用化の最前線と未来。

パネリスト
安宅 和人
ヤフー株式会社 CSO (チーフストラテジーオフィサー)
長谷川 順一
株式会社Preferred Networks 取締役 最高執行責任者
吉崎 敏文
日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員 ワトソン事業部長
モデレーター
木村 尚敬
株式会社経営共創基盤 パートナー/取締役マネージングディレクター
『テクノベート』と『知命社中』
~いま求められる新しいリーダー像とは~

IoT、ビッグデータ、クラウド、AIなど技術進化による「テクノベート」は、様々な業界のビジネス常識を根底から書き換えようとしている。揺るぎない使命感や信念というぶれない軸をリーダーに提供する「知命社中」。指数関数的な変化に対応するインテリジェンスの獲得、一方ではぶれない軸の確立。このセッションでは、こうした複雑・不透明・不確実性が高まる中で、新時代のリーダー像とリーダーシップ開発の在り方を考える。

パネリスト
佐々木 直義
オタフクソース株式会社 代表取締役社長
島田 太郎
シーメンス株式会社 専務執行役員
伊達 美和子
森トラスト株式会社 代表取締役社長
早川 泰宏
帝人株式会社 人事・総務本部長
モデレーター
鎌田 英治
株式会社グロービス マネジング・ディレクターChief Leadership Officer (CLO)
成長を実現するM&Aとは

国内市場の縮小、円高、ROE向上を掲げる政府の一連の施策によって、日本企業による海外企業の買収が増加している。2015年の日本企業による海外企業買収は、総額878億ドルで、前年比53%増、過去最高となった。一方で、国境を越えた組織の統合は、様々な問題を経営に突きつけている。買収後の組織統合(PMI)を成功させ、シナジーを最大化するための方法論とは何か。日本企業がさらなる成長を実現するためのM&Aを考える。

パネリスト
新貝 康司
日本たばこ産業株式会社 代表取締役副社長
平手 晴彦
武田薬品工業株式会社 コーポレート・オフィサーコーポレートコミュニケーションズ&パブリックアフェアーズオフィサー
渡辺 章博
GCA株式会社 代表取締役
モデレーター
岡島 悦子
株式会社プロノバ 代表取締役社長
企業と文化
~企業が果たすべき文化への貢献~

メディチ家がルネサンスの開花に大きな役割を果たしたように、近代以降、企業は文化の発展に寄与してきた。クラボウ中興の祖である大原孫三郎は、岡山県倉敷市に大原美術館を開館。国内外から観光客を集めるとともに、地域に根づいたコミュニティを育み、フィランソロピーの嚆矢となった。10年間で22倍の連結売上1000億円を達成したストライプインターナショナルの石川康晴氏は、石川文化振興財団を立ち上げ、岡山の芸術振興を目指す。豊かな地域文化を形成し、地域と共に生きていくために、企業が果たすべき役割を議論する。

パネリスト
石川 康晴
株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長
大原 あかね
公益財団法人大原美術館 理事長
モデレーター
森 浩生
森ビル株式会社 取締役副社長執行役員
17:20-18:20
[第7部 全体会]
テクノベートがもたらす新たなパラダイム
~日本企業の競争優位の構築に向けて~

あらゆるものがインターネットにつながれ、ビッグデータの指数関数的拡大と解析技術の発達が、人工知能やロボット、IoTの進化を加速している。製造業や金融、教育、不動産をはじめ、産業構造は根底から変わりつつあり、その潮流は、組織や働き方にも大きな影響をもたらしつつある。テクノベート(「テクノロジー」×「イノベーション」)の時代、日本企業が競争優位を構築するために、経営者が取り組むべき行動とは何か。松野博一大臣を迎え、新たなパラダイムを好機とするための打ち手を議論する。

スピーカー
松野 博一
文部科学大臣
パネリスト
北野 宏明
株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長 工学博士
藤原 和博
教育改革実践家/奈良市立一条高校校長杉並区立和田中学校元校長/元リクルート社フェロー
松野 博一
文部科学大臣
モデレーター
堀 義人
グロービス経営大学院 学長グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
18:20-18:30
[クロージングセッション]

(プログラムは予告なく変更される場合がございます)

日時 2016年11月03日(木)
会場
参加費
人数
主催 一般社団法人G1/株式会社グロービス
 
協賛企業
2017
(調整中)
 
アドバイザリー・ボード
青井 浩 
株式会社丸井グループ代表取締役社長
秋山 咲恵 
株式会社サキコーポレーション代表取締役社長
岩村 水樹 
グーグル株式会社 アジア太平洋地域マネージングディレクター Brand&Marketing
鎌田 英治 
グロービスChief Leadership Officer (CLO)グロービス・コーポレート・エデュケーションマネジング・ディレクター
栗山 浩樹 
日本電信電話株式会社 取締役 新ビジネス推進室長 2020担当
小室 淑恵 
株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
田口 義隆 
セイノーホールディングス株式会社代表取締役社長
田中 慎一 
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社代表取締役社長
玉塚 元一 
株式会社ローソン 代表取締役 会長CEO
平手 晴彦 
武田薬品工業株式会社コーポレート・オフィサーコーポレートコミュニケーションズ&パブリックアフェアーズ オフィサー
程 近智 
アクセンチュア株式会社取締役会長
森 浩生 
森ビル株式会社取締役副社長執行役員
御立 尚資 
ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー&マネージング・ディレクター
堀 義人 
グロービス経営大学院 学長グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー
 
お問い合わせ

一般社団法人G1事務局
東京都東京都千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル 株式会社グロービス内
TEL:03-5275-3681  FAX:03-5275-3890
E-Mail:G1executive@globis.co.jp