G1SUMMIT G1通信(93)
2020年8月31日発行
FACEBOOKTWITTER

猛暑が続き熱中症アラートがたびたび発動される中ですが、G1イベントが目白押しとなる「G1の季節」ともいえる秋の入り口を迎えました。

・まず、9月12日(土)に「第2回G1中部in伊勢志摩」を開催します。
・10月11日(日)には記念すべき「第10回 G1 Global Conference 」の開催を控え、9月10日が申込み締切日です。
・11月23日(月・祝)の「第9回G1経営者会議」も、9月18日が早割り締切日で、既に多くの方々から参加登録を頂いています。

どのイベントも皆様が安心して参加できるよう感染防止対策を徹底した上で、オンライン参加も可能とするハイブリッド開催形式を採用しています。G1はコロナに負けず、熱気が溢れる良質なイベントをハイブリッドで開催していきます。リアル&オンライン双方とも皆様の積極的なご参加をお待ちしています(^^)


G1通信8月号を以下のとおりお送りいたします。

【1】イベント
(1)第10回G1 Global Conferenceのご案内(申込締切9月10日)
(2)第9回G1経営者会議開催のご案内(早割締切9月18日)
(3)第2回G1中部in伊勢志摩アドバイザリー・ボードミーティング開催報告(8月20日)

【2】「部会・イニシアティブ」活動報告・他
(1)新たなG1イニシアティブ「 ビリ県脱出連携会議 」発足のお知らせ
(2)G1イニシアティブ「つくば 茨城イニシアティブ」よりお知らせ

【1】イベント

(1)第10回G1 Global Conferenceのご案内(申込締切9月10日)

※写真は上段左から、河野氏、水野氏、Niblett氏、下段左からHyams氏、松川氏、Maeda氏

今年で10回目となるG1 Global Conferenceは、リアル&オンラインのハイブリッド形式で開催します。

防衛大臣の河野太郎さん、テスラ社外取締役の水野弘道さんをはじめ、新たにChatham House DirectorのRobin Niblettさん、Indeed Inc. CEOのChris Hyamsさん、参議院議員の松川るいさん、Publicis Sapient Chief Experience OfficerのJohn Maedaさん等、多くのグローバルリーダーの登壇が続々と決まっており、今回のテーマである 「Disruptive Evolution Post-COVID-19: Geopolitics, Business and Society」について、大いに議論していただきます。

世界がコロナという共通の敵と戦う中、各国の景気対策やコミュニティの分断などに向き合いながら、どのように世界が連携し乗り越えていく必要があるのか。参加者全員で徹底的に議論します。申込締切日は9月10日(木)です!皆様のお申込みをお待ちしています(^^)

【第10回G1 Global Conference】
日時 10月11日(日)9:00-18:00(予定/終了後懇親会 18:15-20:00)
会場 グロービス経営大学院 東京校(千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル)&オンライン
定員 150-200名程度(完全招待制)
言語 英語(通訳なし)
申込締切 9月10日(木)

(2)第9回G1経営者会議開催のご案内(早割締切9月18日)

※写真はボード会議当日の様子

11月23日(月・祝)開催の「第9回G1経営者会議」に向け、8月25日(火)にアドバイザリーボードミーティングを開催しました。今回のテーマはコロナを機に実現する「DXとAIによる新次元経営(仮)」です。既に110名を超える方々からご参加登録をいただいています。菅官房長官、富士通の時田隆仁さん、JSRの小柴満信さん等、続々とご登壇者が決定しています。

withコロナ時代の鍵となるDXとAIにより、日本企業がいかに国内市場及びグローバルでも更なる成長を遂げることができるのか、徹底的に議論したいと思います。

今回は新型コロナウイルス感染予防に万全を期すため、リアル&オンラインのハイブリッド開催を予定しています。来場人数上限の設定やオンラインでの懇親会開催を検討しています。近日中にご招待者の皆様へご案内します。

早割締切は9月18日(金)です!皆様の積極的なお申込みをお待ちしています(^^)

【第9回G1経営者会議】
日時 11月23日(月・祝)9:00-18:30(予定/終了後懇親会18:45-20:00)
会場 グロービス経営大学院 東京校(千代田区二番町5-1 住友不動産麹町ビル)&オンライン
定員 300名程度(完全招待制)
早割締切 9月18日(金)
申込締切 10月16日(金)
主催 一般社団法人G1/株式会社グロービス

(3)第2回G1中部in伊勢志摩アドバイザリー・ボードミーティング開催報告(8月20日)

※写真は当日の様子

8月20日にZOOMでG1中部in伊勢志摩アドバイザリー・ボードミーティングを開催しました。開催地となる三重県の鈴木英敬知事とも入念に検討を重ね、 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた「三重県指針」ver.3におけるイベント開催基準を完全に満たした感染予防対策を施した上で、当初予定通り9月12日(土)に第2回G1中部をハイブリッド開催することを改めて確認しました。

来場上限150名のリアル参加者と30名強のオンライン参加者の参加が決まっています。上限を超えるリアル参加のご希望をいただきましたが、感染症対策のため、皆様を現地でお迎えすることができず、残念です。

今回から、リアル・オンライン全参加者間のコミュニケーションツールとしてLINEオープンチャットを導入するなど、ハイブリッドでも一体感のあるG1らしいコミュニティが形成できるよう工夫をしていきます。セッションも全て決まり、魅力的なものばかりとなりました。今からとても楽しみです!


【2】「部会・イニシアティブ」活動報告・他

(1)新たなG1イニシアティブ「ビリ県脱出連携会議」発足のお知らせ

※写真は当日の様子

7月30日、「第一回ビリ県脱出連携会議」が発足しました。茨城を魅力度ランキングの最下位から脱出させるべく、官民が連携して、活動します。大井川知事、高橋水戸市長、五十嵐つくば市長らが参加して、茨城を代表する企業やリーダー約50人が結集し、ビリ県脱出に向けてG1イニシアティブとして動き出しました。

そもそも茨城は、魅力満載です。メロン、レンコン、うなぎ、栗、卵、サバ・イワシ、はくさい、ピーマン、ビール、工場立地面積、研究所の数、一戸あたりの宅地面積等に加えて、何とキャンプ場の数も北海道を抜いて日本一。 食事は美味しいし、海も湖も川も山もあり、スポーツも盛んだし、歴史の街水戸もある。 なのに、その茨城県が過去10回&7年連続最下位に位置すること自体がおかしい!「ビリ県脱出連携会議」のコンセプトは以下3つです。

1)民間主導で、大井川知事・高橋水戸市長・五十嵐つくば市長はゲストとして協力
2)提言ではなくて、コミットメント&行動
3)ビリ県脱出して且つ10のイニシアティブを実行した段階で終了

これから魅力を更に磨き、全国に発信します。ランキング発表の際には、くす玉用意して、カウントダウンし、ビリ脱出を祝います!

(2)G1イニシアティブ「つくば 茨城イニシアティブ」よりお知らせ

8月7日に「G1つくば茨城イニシアティブ」第4回会合を開催しました。マイナンバー・マイナンバーカードを市民生活で全面的に活用するための方策や、そうした中で誰一人取り残さない社会を実現するためのデジタルインフラ整備などについて議論しました。(五十嵐立青)


最後に、今後のイベントスケジュールのご共有です
(招待対象者はイベントによって異なります)。
G1関連イベント スケジュール
2020年
9月12日(土) 「第2回G1中部in伊勢志摩」(三重県&オンライン)
10月11日(日) 「第10回G1 Global Conference 」(グロービス東京校&オンライン)
11月23日(月・祝) 「第9回G1経営者会議」(グロービス東京校&オンライン)
2021年
3月19日(金)-21日 (日) 「第12回G1サミット」(宮城県)
今月号は以上となります。
次回のG1関連イベントで、会いましょう(^^)/

一般社団法人G1 代表理事 堀義人